埼玉県東松山市から不定期発信中!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SH390495.jpg浅間山などのパノラマ風景を楽しめるクールな道の駅です。

もう2週間ぐらいに通りかかって立ち寄りました。

この時の和田峠・笠取峠はもう夏の山って雰囲気じゃなかったです。

すすきにトンボまたひんやりとした秋風が秋の訪れを予感させます。

今現在はもうすでに「秋」の山になっていそうです。

ここの道の駅も長野の名産がたくさん売っていて楽しいです。

SH390497.jpgこんな怪しい自動販売機も・・・おでん缶は知っているけど肉じゃが缶って^^;;;

SH390499.jpgスコールという懐かしいような初めてのようなジュースを購入。

早速ゴクゴクゴク。。。。。

「アンバサっていうジュースに似ているような、、それをすっぱくしたような・・・」

それにしても「愛のスコール」って何なんだ?

スポンサーサイト
埼玉県熊谷市の国道407号線上にある道の駅です。

始終往来するくせに実は初めて立ち寄ります。

SH390490.jpg近くには国宝指定される妻沼聖天山があります。

無料のバラ園
熊谷名物「五家宝」聖天山のいなり寿司などの充実したお土産コーナー
旨いと噂のつけめん屋も施設内にあります(残念ながらこの日は定休日でした)

自分のおすすめは名産物「やまといも」。粘り気が強く蕎麦との相性も良しです。
あとは「さわた」という熊谷のお菓子屋さんの「シフォンケーキ」と「チーズ大福」が
ここの農産物直売所で購入できます。

今回は赤帽同期のO氏と一緒だったので熊谷名物「雪くま」を食べてきました(噂のつけめん屋が休みだったので)
SH390491.jpg抹茶味とマンゴー味。

暑いすぎる街「熊谷」で生まれた「雪くま」ですが。。。これも初食です!!

記念すべきファーストコンタクト・・・・

「うまし!!」

独特な形にカットされた氷が口の中でさらりと消えてゆきます。

おいしいかき氷も食べたことがありますが、それとは違う食感です。まさに雪を食べているような感じだ。

もっと早く出会っていればよかった。。。と後悔です。

※雪くまとは・・・
「雪くま」は、熊谷のおいしい水から作った貫目氷を雪のようにふわふわに削り、協賛店ごとにオリジナルのシロップを使用したかき氷です。
一番の違いは「食感」です。氷の粒がジャリジャリと口の中に残るかき氷と違い、「雪くま」はふわふわ感のある昔ながらの削り方にしているため、口に入れると淡雪を食べたときのようにふわっと溶けてなくなります。
雪くまマップ
参考 熊谷市公式ホームページより抜粋

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。